コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷あられ こおりあられsmall hail; ice pellets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷あられ
こおりあられ
small hail; ice pellets

半透明の氷の粒の降水。氷霰。一般にこの構造は雪あられ(雪霰)を核とし,薄い氷の膜で覆われているために,氷のような外観を呈する。固くて割ったり押しつぶしたりすることは難しい。ひょうと同じように,雪あられが落下するとき部分的に溶け,それが上昇気流で再び上昇させられて凍ることを繰り返したり,雪あられに水滴が衝突して凍ったりしてできる。粒はほとんど球状だが,ときには円錐状のとがった部分をもつ。直径は 2~5mmで,まれに 5mmをこえることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氷あられ
こおりあられ

直径5ミリメートル以下の氷の粒で、小さな(ひょう)に似ている。透き通っていることも、白っぽい色のこともある。雪あられに、水滴がついて薄く凍ったときなどにできる。雨滴や融(と)けかかった雪が落下中に凍ってできるものは、凍雨(とうう)ともよばれる。[篠原武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の氷あられの言及

【あられ(霰)】より

…これは強い寒気団の南下に伴う対流性の雲が発達してあられをもたらすからである。気象学ではあられを雪あられと氷あられに区別している。氷あられは芯は雪あられと同じだが,外側は氷の層でできているので,つぶすのが難しいくらい硬い。…

※「氷あられ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

氷あられの関連キーワード雨氷(うひょう)あられ(霰)気象観測凍雨

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android