コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷河植物群 ひょうがしょくぶつぐん glacial flora

1件 の用語解説(氷河植物群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうがしょくぶつぐん【氷河植物群 glacial flora】

第四紀更新世には,少なくとも4回にわたって寒冷気候が襲来し,その期間中,北半球では北アメリカ大陸ならびに中部および北部ヨーロッパの大半の地域が,大陸氷河によっておおわれた時期があった。このため,それまで北半球の広い範囲を占有していたブナ,ミズナライタヤカエデなどの落葉広葉樹林に代表される第四紀起源の温帯性植物群の多くは,これらの地域では絶滅するか南部へ移住した。今日では,それらのものが温帯地域に残存し,隔離的に分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

氷河植物群の関連キーワードおもろさうし更新世鮮新世第四紀氷河時代藍田原人少なくとも漸伐第四系ナウマン象

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone