コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井いと ながい いと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井いと ながい-いと

1836-1904 明治時代の養蚕家。
天保(てんぽう)7年6月生まれ。夫の紺周郎と焚火(たきび)の煙で蚕を飼育する「いぶし飼い」という温暖育法(紺周郎流)を考案。明治21年生地の群馬県で養蚕伝習所を設立,技術を県内各地にひろめた。明治37年2月死去。69歳。本姓は金子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井いとの関連キーワード明治時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android