コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井愛 ながい あい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井愛 ながい-あい

1951- 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家。
昭和26年10月16日生まれ。昭和56年大石静(しずか)と女性ふたりだけの劇団二兎社を結成。平成9年「僕の東京日記」で紀伊国屋演劇賞,10年「見よ,飛行機の高く飛べるを」などで芸術選奨新人賞,「ら抜きの殺意」で鶴屋南北戯曲賞,12年「兄帰る」で岸田国士(くにお)戯曲賞。生活者の視点から時代と人間のかかわりをえがく作品群が好評を博す。27年「鴎外の怪談」で芸術選奨文部科学大臣賞。東京都出身。桐朋学園大短期大学部卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永井愛の関連キーワード見よ、飛行機の高く飛べるをパパのデモクラシーシングルマザーズ紀伊国屋演劇賞鶴屋南北戯曲賞演劇ユニット僕の東京日記鴎外の怪談岸田国士小山萌子吉田栄作でんでん大鷹明良平田満山中崇青年座兄帰る生活者劇作家黒岩亮

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永井愛の関連情報