コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井直清 ながい なおきよ

1件 の用語解説(永井直清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井直清 ながい-なおきよ

1591-1671 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)19年5月生まれ。永井直勝の次男。2代将軍徳川秀忠(ひでただ)につかえ,小姓,書院番頭となる。のち山城(京都府)長岡藩主をへて,慶安2年摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩主永井家初代。3万6000石。京都所司代代理,大坂城代代理をつとめた。寛文11年1月9日死去。81歳。通称は伝十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の永井直清の言及

【高槻藩】より

…摂津国芥川郡高槻城(現,大阪府高槻市)に藩庁をおいた譜代小藩。1615年(元和1)以後内藤信正,土岐定義,松平家信,岡部宣勝,松平康信が交代して藩主となり,49年(慶安2)永井直清が山城国長岡の勝竜寺城から入部,芥川郡(後の嶋上郡),嶋下郡やその他の飛地合計3万6000石を領し,幕末まで定着した。京都,大坂の中間地高槻の藩主に譜代大名をあてたのみならず,直清と兄の京都寄りの淀城主永井尚政と所司代の3人が,参勤交代で一斉に畿内を離れないよう配慮され,幕府畿内支配のための要職(大坂城代代行,禁裏造営奉行)などに直清があてられたことからも,幕府の高槻藩主重視が認められる。…

※「永井直清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永井直清の関連キーワード大関政増織田長種勝継五島盛利宗義倫寺沢友斎戸川安風丹羽氏定森長成米津田盛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone