コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井芳之介 ながい よしのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井芳之介 ながい-よしのすけ

1833-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)4年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。彰考館で国史の編修にたずさわり,のち与力。元治(げんじ)元年の天狗(てんぐ)党の乱では,藩主名代の松平頼徳(よりのり)の軍にくわわり,那珂湊(なかみなと)で諸生党や幕府軍とたたかう。下総(しもうさ)小堤村(茨城県)で古河(こが)藩兵に捕らえられ,同年10月16日殺された。32歳。名は道正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永井芳之介の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治ハーシェルテニソンハーシェル(Sir John Frederick William Herschel(1792―1871))清岡道之助佐久間佐兵衛益田右衛門介ズマイズマイ