コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永享記 えいきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

えいきょうき【永享記】

永享の乱とその後の関東の情勢を題材にした室町時代の戦記物語。作者,成立年代ともに不明。鎌倉公方足利持氏とその子成氏を中心に,永享の乱・結城合戦の原因と経過,古河公方と堀越公方の対立の模様を主に述べ,さらに太田道灌の登場から北条早雲の進出に至るまでの関東の形勢を付記する。15世紀の関東地方を知る上で好史料であり,内容はきわめて正確である。《続群書類従》所収。【鳥居 和之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

永享記の関連キーワード家老永享

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android