永享記(読み)えいきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

えいきょうき【永享記】

永享の乱とその後の関東の情勢を題材にした室町時代の戦記物語。作者,成立年代ともに不明。鎌倉公方足利持氏とその子成氏を中心に,永享の乱・結城合戦の原因と経過,古河公方と堀越公方の対立の模様を主に述べ,さらに太田道灌の登場から北条早雲の進出に至るまでの関東の形勢を付記する。15世紀の関東地方を知る上で好史料であり,内容はきわめて正確である。《続群書類従》所収。【鳥居 和之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android