コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀越公方 ホリコシクボウ

8件 の用語解説(堀越公方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほりこし‐くぼう〔‐クバウ〕【堀越公方】

伊豆堀越にあった室町幕府の東国支配機関。また、その長である足利政知の称。鎌倉公方足利成氏が幕府に背いて下総(しもうさ)の古河(こが)に移ったのち、将軍義政は弟政知を下向させたが鎌倉に入れず、ここにとどまって成氏に対抗した。延徳3年(1491)あとを継いだ子の茶々丸が北条早雲に攻められ滅亡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堀越公方【ほりごえくぼう】

堀越御所とも。伊豆堀越(静岡県韮山町(現・伊豆の国市))に本拠を置いた室町幕府の一機関。〈ほりこし〉は慣用読み古河(こが)公方足利成氏)追討のため,1457年,将軍足利義政は弟政知を新たな鎌倉公方として関東に派遣。
→関連項目足利義澄享徳の乱公方韮山城北条氏

堀越公方【ほりこしくぼう】

堀越(ほりごえ)公方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀越公方 ほりごえくぼう

足利政知(あしかが-まさとも)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ほりごえくぼう【堀越公方】

〈ほりこしくぼう〉が慣用読みであるが,地名は〈ほりごえ〉である。堀越御所ともいう。関東は鎌倉公方足利成氏が1454年(享徳3)に関東管領上杉憲忠を謀殺したことで内乱に突入し,成氏自身は下総古河(こが)に御座を構え古河公方と尊称されるようになった。上杉氏は,成氏勢力に対抗するために幕府に新たな鎌倉公方の下向を求めた。そこで,幕府は将軍義政の弟足利政知を東下せしめたが,鎌倉に入ることができず,伊豆の堀越に御所を構えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほりこしくぼう【堀越公方】

足利政知あしかがまさともの通称。足利義政は幕命にそむいて下総古河に拠った足利成氏(古河公方)に対抗して、関東の主として弟政知を下向させたが、政知は鎌倉に入れず、伊豆堀越に居館を構えて、一生を終えたので、この名がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀越公方
ほりこしくぼう

足利政知」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀越公方
ほりこしくぼう

室町幕府の東国支配機関。堀越御所(ごしょ)、豆州(ずしゅう)様ともいう。従来「ほりこし」とされてきたが、地名は「ほりごえ」であり、「ほりごえくぼう」が正しい。鎌倉公方足利成氏(あしかがしげうじ)が幕府に背き古河(こが)へ移ると、将軍足利義政(よしまさ)は新公方として弟の政知(まさとも)を1458年(長禄2)に関東へ下向させて、成氏の征伐を命じた。政知は伊豆(いず)国堀越(静岡県伊豆の国市)に本拠を置き、幕府の力を後ろ盾にして成氏に対抗したが、成氏とこれを支持する北関東の領主らを制圧することはできなかった。政知の死後、家督は子の茶々丸が継いだが、1491年(延徳3)北条早雲(そううん)によって滅ぼされた(一説に1493年ともいう)。[長塚 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堀越公方の言及

【足利政知】より

…そこで,義政の命令で還俗し,幕府から派遣されたのが政知であった。幕府・上杉方の中心であったが,鎌倉に入部しえず伊豆の堀越(ほりごえ)にとどまり,堀越公方と呼ばれた。鎌倉公方の諸権限を継承したが,実質的な支配は上杉氏にゆだねられ,名目的な存在にすぎなかった。…

【伊豆国】より

…幕府が持氏の子成氏と憲実の子憲忠の争いを鎮定するため今川範忠を鎌倉へ派遣したため,成氏は古河へ移り古河公方(こがくぼう)と称し幕府に反抗した。将軍義政は僧であった政知を還俗させて,鎌倉に派遣して関東の安定を図ろうとしたが,政知は関東に入ることができず韮山堀越(ほりごえ)に落ち着き堀越公方と称した。91年(延徳3)沼津興国寺城主であった北条早雲は堀越公方を倒し,たちまち伊豆国を奪い韮山城を根拠地とし,のち小田原へ進出する。…

【鎌倉公方】より

…鎌倉公方は,ここに滅んだ。
[古河公方,堀越公方]
 その後,鎌倉公方は,結城合戦をへて49年(宝徳1)に持氏の遺子成氏によって復活をみたが,成氏は54年(享徳3)12月関東管領上杉憲忠を謀殺したことで,幕府から追討を受ける身となり(享徳の乱),下総古河に居を移し,古河公方となった。幕府は,成氏に代えて新たに鎌倉公方に足利政知を任じ,軍事統率権や土地安堵権などの諸権限を授けて鎌倉に下向せしめたが,鎌倉に入部することができず伊豆堀越(ほりごえ)にとどまった。…

【享徳の乱】より

…しかし東国の武士層は必ずしも政知に服さず,伊豆の堀越に居を構え,鎌倉に入ることはできなかった。以後成氏は古河公方,政知は堀越(ほりごえ)公方と呼ばれた。関東管領上杉房顕らは堀越公方政知を奉じて成氏としばしば合戦に及んだが,房顕は66年(文正1)没し,越後守護上杉房定の子顕定がその跡を継いだ。…

【公方】より

…これは北条氏の幕府内部での勢力が強大になり,得宗およびその御内人(みうちびと)と御家人との摩擦が強まる過程で,得宗や〈御内〉と将軍とを区別する意図で,多少とも意識的に使われた形跡があり,おそらく安達泰盛の関与があったものと推定される。しかしこののち,鎌倉幕府・室町幕府・江戸幕府を通じて将軍を公方とよぶ用法が定着し,さらに鎌倉府の足利基氏の子孫も関東公方,鎌倉公方,さらにその分裂後は古河公方,堀越公方といわれ,鎌倉から奥州に下ったその一族も稲村公方,篠川公方とよばれた。 一方これとは別に,鎌倉後期以降,荘園・公領の下地に対する寺社本所,あるいは地頭の一円支配が進行するとともに,そうした一円化した荘園・公領の支配者を公方とよぶ用例が急速に増加しはじめる。…

【下総国】より

…一方,成氏の兵により市川城を追われた実胤は武蔵国石浜城(東京都台東区),自胤は赤塚城(東京都板橋区)に拠り,実胤が出家したため,自胤が武蔵千葉介を継承,康胤の系統に継承された下総千葉介と対立した。57年(長禄1)将軍足利義政は成氏に対抗させるため弟政知を伊豆堀越に下向させ,堀越公方とした。成氏はこれを滅ぼそうとして失敗し,長尾景信に古河城を落とされた。…

【下野国】より

…幕府は58年(長禄2)反成氏戦線の最終的権威づけとして,足利政知を伊豆に下した。これが堀越公方である。やがて82年(文明14)11月関東は一時小康状態を得るが,扇谷・山内両上杉氏の内紛や,それに乗じた北条早雲の小田原攻略によって再び収拾のつかない混乱に陥った。…

※「堀越公方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堀越公方の関連キーワード慣用読み減耗残滓至善正鵠端緒貼付遡源読みで堀越

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀越公方の関連情報