永地秀太(読み)ながとち ひでた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永地秀太 ながとち-ひでた

1873-1942 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治6年7月15日生まれ。松岡寿(ひさし)に師事し,明治27年明治美術会付属教場を卒業。35年太平洋画会の創立にくわわり,文展などに出品。陸軍中央幼年学校,東京高等工芸の教授をつとめた。大正12年フランス政府よりレジオンドヌール勲章。帝展審査員。昭和17年12月14日死去。70歳。山口県出身。徳山中学卒。作品に「下関講和談判」「しぼり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android