コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永地秀太 ながとち ひでた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永地秀太 ながとち-ひでた

1873-1942 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治6年7月15日生まれ。松岡寿(ひさし)に師事し,明治27年明治美術会付属教場を卒業。35年太平洋画会の創立にくわわり,文展などに出品。陸軍中央幼年学校,東京高等工芸の教授をつとめた。大正12年フランス政府よりレジオンドヌール勲章。帝展審査員。昭和17年12月14日死去。70歳。山口県出身。徳山中学卒。作品に「下関講和談判」「しぼり」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永地秀太の関連キーワードレジスタンス文学森一生サッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン大不況鉄筋コンクリート構造

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone