コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡寿 まつおかひさし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松岡寿
まつおかひさし

[生]文久2(1862).2.5. 岡山
[没]1944.4.28. 逗子
洋画家。 1873年川上冬崖の聴香読画館に学び,76年開校の工部美術学校に入り A.フォンタネージの指導を受けた。 78年十一字会を組織,80年イタリアに留学,ローマ美術学校に学ぶ。 88年帰国。初期にはバルビゾン派風の自然主義的な画法を示し,留学後はイタリア官学風の堅実な手法に移った。 89年浅井忠らと明治美術会を結成,92年明治美術学校を設立。さらに東京帝国大学工学部講師,東京美術学校教授,東京高等工芸学校教授,同校長,文展審査員などを歴任。美術教育家,美術行政家としての功績も大きい。主要作品『ローマ,コンスタンティヌス凱旋門』 (1882,東京芸術大学) ,『ベルサリエーレの歩哨』 (86,宮内庁) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

松岡寿【まつおかひさし】

洋画家。岡山県生れ。川上冬崖フォンタネージに師事し,1880年―1888年ローマに留学,1889年浅井忠らと明治美術会を創立した。東京高等工業学校,東京美術学校,東大建築科などで後進を指導,美術教育上の功績も大きい。
→関連項目岡山県立美術館藤島武二

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡寿 まつおか-ひさし

1862-1944 明治-昭和時代前期の洋画家。
文久2年2月5日生まれ。備前岡山藩士松岡隣の次男。工部美術学校でフォンタネージに師事。明治20年国立ローマ美術学校を卒業。帰国後,明治美術会の創立にくわわる。東京高等工業教授,東京美術学校教授,東京高等工芸校長を歴任。昭和19年4月28日死去。83歳。代表作に「伊太利ベルサリエーレの歩哨(ほしょう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松岡寿
まつおかひさし
(1862―1944)

洋画家。岡山市生まれ。1872年(明治5)父とともに上京し、翌年川上冬崖(とうがい)の聴香読画館に入り、76年工部美術学校に入学してフォンタネージの指導を受ける。80~88年渡欧してローマでC・マッカリに師事し、ローマ国立美術学校を卒業する。帰国の翌年同志と明治美術会を創立。各種の博覧会審査官、文展の審査員を務める。また工科大学ほかの講師、東京高等工業学校・東京美術学校の教授、そして東京高等工芸学校校長などを歴任し、美術教育ならびに美術行政面で大きな功績をあげた。代表作に『ローマ、コンスタンチンの凱旋(がいせん)門』『伊太利ベルサリエーレの歩哨(ほしょう)』『海老名弾正(えびなだんじょう)氏肖像』がある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の松岡寿の言及

【明治・大正時代美術】より

…一方,高橋の師川上冬崖や,横山松三郎(1838‐84),国沢新九郎(1847‐77)らも画塾を開いて,洋画研究の道を進めている(画学校)。 日本で最初の正則の西洋画教育を行った工部美術学校からは,フォンタネージの薫陶のもとに浅井忠,五姓田(ごせだ)義松,小山正太郎,松岡寿(ひさし)(1862‐1943),山本芳翠,中丸精十郎(1841‐96),高橋(柳)源吉(1858‐1913)ら明治中期を代表する洋画家が育った。フォンタネージはバルビゾン派の影響を受けた,イタリアでは一流の画家で,工部美術学校でもその画技と人格を敬愛されたが,78年脚気を病んでイタリアに帰る。…

※「松岡寿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松岡寿の関連キーワード明治・大正の美術小山 正太郎渡部 審也永地 秀太小山正太郎聴香読画館永地秀太渡部審也

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松岡寿の関連情報