コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永坂石埭 ながさか せきたい

美術人名辞典の解説

永坂石埭

書家・医師・漢詩人。名は周二。名古屋の人。漢詩界の泰斗森春濤門四天王の一人。書画篆刻に秀で、石隷流の名で知られる。大正13年(1924)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永坂石埭 ながさか-せきたい

1845-1924 明治-大正時代の医師,書家,漢詩人。
弘化(こうか)2年9月生まれ。漢詩は森春濤(しゅんとう)門下の四天王のひとり。明治7年ごろ上京し,神田お玉ケ池の梁川星巌(やながわ-せいがん)旧居跡に医院玉池仙館を開業した。書もよくし,石埭流といわれた。晩年は郷里名古屋にもどり,大正13年8月24日死去。80歳。本名は周二。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永坂石埭の関連キーワード横山 耐雪大正時代柴田承桂横山耐雪弘化書家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android