コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永山盛輝 ながやま もりてる

2件 の用語解説(永山盛輝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永山盛輝 ながやま-もりてる

1826-1902 明治時代の官僚。
文政9年8月5日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。明治6年筑摩(ちくま)県権令(ごんれい)となり,教育に力をそそぎ,学制施行前に郷学校百数十校をもうけた。のち新潟県令,元老院議官を歴任。貴族院議員。明治35年1月18日死去。77歳。通称は清右衛門,左内,正蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永山盛輝

没年:明治35.1.18(1902)
生年:文政9.8.15(1826.9.16)
明治初期の官僚。長野県の近代教育に尽力した。鹿児島藩士。男爵。幕末期に上京し国事に尽瘁し戊辰戦争で奥州各地を転戦する。維新後,会計官,大蔵省,民部省に出仕し,明治3(1870)年伊那県少参事,大参事となり廃県の結果筑摩県参事,6年には県権令に累進した。在任4年の間に,同県の教育普及に力を入れ学制施行(1872)前に郷学校百数十校を設けたという。また自ら学事奨励のため県内を巡回した。その記録『説諭要略』巻之1は有名。実用主義的,立身出世的教育観を説く。このほか筑摩県医学校兼病院,殖産関係では勧善社の創設などを行う。のち新潟県令,元老院議官,貴族院議員を歴任した。

(中野実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永山盛輝の関連キーワードオルフ等外官赤羽王郎伊藤長七小林多津衛佐藤寅太郎力石雄一郎楢崎寛直深井仁子森遷

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone