コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永山盛輝 ながやま もりてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永山盛輝 ながやま-もりてる

1826-1902 明治時代の官僚。
文政9年8月5日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。明治6年筑摩(ちくま)県権令(ごんれい)となり,教育に力をそそぎ,学制施行前に郷学校百数十校をもうけた。のち新潟県令,元老院議官歴任貴族院議員。明治35年1月18日死去。77歳。通称は清右衛門,左内,正蔵

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

永山盛輝

没年:明治35.1.18(1902)
生年:文政9.8.15(1826.9.16)
明治初期の官僚。長野県の近代教育に尽力した。鹿児島藩士。男爵。幕末期に上京し国事に尽瘁し戊辰戦争で奥州各地を転戦する。維新後,会計官,大蔵省,民部省に出仕し,明治3(1870)年伊那県少参事,大参事となり廃県の結果筑摩県参事,6年には県権令に累進した。在任4年の間に,同県の教育普及に力を入れ学制施行(1872)前に郷学校百数十校を設けたという。また自ら学事奨励のため県内を巡回した。その記録『説諭要略』巻之1は有名。実用主義的,立身出世的教育観を説く。このほか筑摩県医学校兼病院,殖産関係では勧善社の創設などを行う。のち新潟県令,元老院議官,貴族院議員を歴任した。

(中野実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

永山盛輝の関連キーワード永山盛興長尾無墨明治時代没年

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android