コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永日 エイジツ

デジタル大辞泉の解説

えい‐じつ【永日】

日中がながく感じられる春の日。春の日なが。永き日。 春》
《いずれ日ながの折にゆっくり会おうの意から》別れのあいさつや手紙の結びに用いる語。
「―、―と暇乞(いとまご)ひして帰りけり」〈浄・阿波鳴渡
[補説]書名別項。→永日

えいじつ【永日】[書名]

尾上柴舟歌集。明治42年(1909)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいじつ【永日】

昼間の長い日。多く春の日にいう。日永ひなが。遅日ちじつ
別れる時のあいさつの語。いずれ、日永の折にゆっくり会おう、の意。 「 -、-と暇乞ひして帰りけり/浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

永日の関連キーワード叡・営・嬰・影・映・曳・栄・榮・永・泳・洩・營・盈・穎・翳・英・衛・衞・裔・詠・鋭夏目漱石(年譜)夕霧阿波鳴渡言い条・言条みともない久野助九郎かんかん夏目漱石柏木如亭びたびた手に渡る色付ける永き日王夫之なぞえ料る随筆永陽景色剃る

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永日の関連情報