コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永村茜山 ながむら せんざん

1件 の用語解説(永村茜山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永村茜山 ながむら-せんざん

1820-1862 幕末の画家。
文政3年生まれ。渡辺崋山(かざん)の門にはいり,同門の斎藤香玉とならび称された。天保(てんぽう)9年幕府の代官羽倉簡堂にしたがい伊豆(いず)七島をめぐり,「伊豆七島図巻」を幕府に提出した。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)の永村金左衛門の養子となり,金谷宿の組頭(くみがしら)をつとめた。文久2年10月3日死去。43歳。本姓は長谷川。名は寛。幼名は寿三郎。字(あざな)は済猛。別号に寿山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永村茜山の関連キーワード高橋在靖竹内清秀東街文輝林其山村上華雲福島栄春斎藤一蒲岸誠菊池梅亭浦上春圃

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone