コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永村茜山 ながむら せんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永村茜山 ながむら-せんざん

1820-1862 幕末の画家。
文政3年生まれ。渡辺崋山(かざん)の門にはいり,同門の斎藤香玉とならび称された。天保(てんぽう)9年幕府の代官羽倉簡堂にしたがい伊豆(いず)七島をめぐり,「伊豆七島図巻」を幕府に提出した。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)の永村金左衛門の養子となり,金谷宿の組頭(くみがしら)をつとめた。文久2年10月3日死去。43歳。本姓は長谷川。名は寛。幼名は寿三郎。字(あざな)は済猛。別号に寿山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永村茜山の関連キーワードアンペール片岡市蔵(初代)藩学一覧サイゴン条約黒住教阮福映ジョージアンペールラマルティーヌイコトイ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android