コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永江純一 ながえ じゅんいち

2件 の用語解説(永江純一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永江純一 ながえ-じゅんいち

1853-1917 明治-大正時代の政治家,実業家。
嘉永(かえい)6年2月生まれ。福岡県会議員をへて明治31年衆議院議員(当選5回)。政友会幹事長。三池土木,三池紡績,九州紡績,鐘淵(かねがふち)紡績の重役や三池銀行の頭取をつとめた。大正6年12月9日死去。65歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永江純一

没年:大正6.12.19(1917)
生年:嘉永6.2.9(1853.3.18)
明治大正期の政党政治家,実業家。筑後国三池郡江浦(大牟田市)に生まれる。一時上京するが,すぐ帰郷し野田卯太郎らと共に自由民権運動に参加,明治19(1886)年福岡県会議員となる。石炭業を通じて三井財閥と関係を深め,三池で種々の会社を創立する一方,鐘淵紡績取締役として日本の綿業発展に尽力。また政治家としても31年代議士に当選(立憲政友会所属),41年および大正4(1915)年に政友会幹事長。明治25年の総選挙で吏党側運動員と揉み合って左足を負傷するなど,闘士であるとともに,実業と政治の掛け橋となった。<参考文献>『福岡県史・近代史料編/綿糸紡績業

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永江純一の関連キーワード関直彦政党政治大正デモクラシー安藤兼吉奥繁三郎川真田徳三郎佐藤啓島田俊雄前田房之助川人貞史

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone