コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永江純一 ながえ じゅんいち

2件 の用語解説(永江純一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永江純一 ながえ-じゅんいち

1853-1917 明治-大正時代の政治家,実業家。
嘉永(かえい)6年2月生まれ。福岡県会議員をへて明治31年衆議院議員(当選5回)。政友会幹事長。三池土木,三池紡績,九州紡績,鐘淵(かねがふち)紡績の重役や三池銀行の頭取をつとめた。大正6年12月9日死去。65歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

永江純一

没年:大正6.12.19(1917)
生年:嘉永6.2.9(1853.3.18)
明治大正期の政党政治家,実業家。筑後国三池郡江浦(大牟田市)に生まれる。一時上京するが,すぐ帰郷し野田卯太郎らと共に自由民権運動に参加,明治19(1886)年福岡県会議員となる。石炭業を通じて三井財閥と関係を深め,三池で種々の会社を創立する一方,鐘淵紡績取締役として日本の綿業発展に尽力。また政治家としても31年代議士に当選(立憲政友会所属),41年および大正4(1915)年に政友会幹事長。明治25年の総選挙で吏党側運動員と揉み合って左足を負傷するなど,闘士であるとともに,実業と政治の掛け橋となった。<参考文献>『福岡県史・近代史料編/綿糸紡績業

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

永江純一の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車徳川家慶三菱A型文学革命コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone