コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田春水 ながた しゅんすい

美術人名辞典の解説

永田春水

日本画家。茨城県生。名は良亮、初号は筑畝。東美校卒。荒木寛畝荒木十畝に師事する。国華社に入社、『国華』の編集に携わる。文展帝展で活躍し、お茶の水女子大学で講師をつとめる。花鳥画を能くした。新文展無鑑査・帝展推薦。如春会主宰。昭和45年(1970)歿、81才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田春水 ながた-しゅんすい

1889-1970 大正-昭和時代の日本画家。
明治22年2月18日生まれ。荒木寛畝(かんぽ)にまなぶ。大正2年国華社にはいり,「国華」の編集にあたる。文展,帝展など官展中心に活躍し,如春会を主宰した。昭和45年5月1日死去。81歳。茨城県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は良亮。作品に「露のひぬま」「薫苑麗日」「雪晴れ」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

永田春水の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android