永皎女王(読み)えいこうじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永皎女王 えいこうじょおう

1733*-1808 江戸時代中期-後期,中御門(なかみかど)天皇の第7皇女。
享保(きょうほう)17年11月22日生まれ。母は久世夏子寛保(かんぽう)2年京都大聖寺で出家し,住職となる。明和6年御所号をゆるされ,以後同寺は御寺御所ともよばれた。7年大和(奈良県)円照寺門跡(もんぜき)をかねた。文化5年閏(うるう)6月13日死去。77歳。幼称は倫宮(とものみや)。号は勝妙楽院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

永皎女王 (えいこうじょおう)

生年月日:1732年11月22日
江戸時代中期;後期の女性。中御門天皇の第7皇女
1808年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android