永陽門院(読み)えいようもんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「永陽門院」の解説

永陽門院 えいようもんいん

1272-1346 鎌倉-南北朝時代,後深草天皇の皇女
文永9年生まれ。母は玄輝門院正応(しょうおう)4年内親王となる。永仁(えいにん)2年院号をさずけられる。嘉元(かげん)2年出家。貞和(じょうわ)2=興国7年4月25日死去。75歳。名は久子。法名は真如智,真性智。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android