コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求那跋摩 ぐなばつまGuṇavarman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

求那跋摩
ぐなばつま
Guṇavarman

[生]367?
[没]元嘉8(431)
中国における訳経僧の一人。功徳鎧と訳す。北インドのクシャトリヤ階級の出身。仏典に通じていた。のち,王位継承をすすめられたが辞退したという。セイロン (現スリランカ) を経てジャワに渡り,中国に迎えられ (424) ,祇 洹寺に住して訳経に従事した。翻訳した経典は『優婆塞五戒相経』『優波離問仏経』『四分比丘尼羯磨法』など 10部 18巻。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

求那跋摩の関連キーワード戒壇元嘉

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android