コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汎ソマリ主義 はんソマリしゅぎPan-Somalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汎ソマリ主義
はんソマリしゅぎ
Pan-Somalism

アフリカ東端の通称「アフリカの角」地域を中心とするソマリ族の居住地域を一つの国家にまとめようと目指す運動。大ソマリ運動ともいう。ソマリ族は現在のソマリアのほか,ケニア北部,エチオピア東南部 (オガデン地方) ,ジブチにも居住している。この地域は 1880年代にイギリス,イタリア,フランスの保護領として分断され,長年統治されてきたため,ソマリ族の統合国家をつくろうという汎ソマリ主義が台頭した。しかし,このためにソマリア国内では武力衝突が起こり,政府機能が停止した。またケニア,エチオピアとの紛争 (→エチオピア=ソマリア国境紛争 ) も起こしている。 (→ソマリア内戦 , ソマリランド )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android