コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚らふ/穢らふ ケガラウ

デジタル大辞泉の解説

けがら・う〔けがらふ〕【汚らふ/×穢らふ】

[動ハ四]《動詞「けがる」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」から》
人の死や葬儀に立ち会うなどして、身にけがれを受ける。
「―・ひたる人とて立ちながら追ひ返しつ」〈・手習〉
喪に服する。
「故宮の御方につけつつ、さるべき殿ばら―・ひ給へり」〈栄花・峰の月〉
死ぬ。
「ある大徳(だいとこ)の袈裟(けさ)ひきかけたりしままに、やがて―・ひにしかば」〈かげろふ・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

汚らふ/穢らふの関連キーワード大徳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android