汚らふ/穢らふ(読み)ケガラウ

デジタル大辞泉の解説

けがら・う〔けがらふ〕【汚らふ/×穢らふ】

[動ハ四]《動詞「けがる」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」から》
人の死や葬儀に立ち会うなどして、身にけがれを受ける。
「―・ひたる人とて立ちながら追ひ返しつ」〈・手習〉
喪に服する。
「故宮の御方につけつつ、さるべき殿ばら―・ひ給へり」〈栄花・峰の月〉
死ぬ。
「ある大徳(だいとこ)の袈裟(けさ)ひきかけたりしままに、やがて―・ひにしかば」〈かげろふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android