コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江南糸竹 こうなんしちく

百科事典マイペディアの解説

江南糸竹【こうなんしちく】

中国の上海を中心に江南地方で行われる管弦合奏。中国語ではジアンナンスージュー。楽器編成は二胡(アルフー。胡琴参照)と笛子(ディーズ)の最低2人でことたりるが,多くて8人までで,柔軟性がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の江南糸竹の言及

【吹打】より

…糸竹は胡弓,三弦,琵琶,揚琴,箏に笛,笙などと小音量の打楽器を加え優美で装飾の多い演奏をする。江南糸竹,広東小曲,福建南音,四川揚琴が著名で,とくに都市の文人に愛好された。弦索は弦楽器のみの合奏で,北京の北方弦索,潮州箏譜など典雅なものだが,今日では《弦索十三套》ほか,わずか数曲が演奏されるにすぎない。…

※「江南糸竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone