コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しょうxiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しょう
xiao

中国の気鳴楽器。正確には,筏型の多管式気鳴楽器である排簫 (→パンの笛 ) と,無簧式で指孔つきの縦笛である洞簫がある。初期の排簫は 10本あまりの竹管を長さの順に筏型に並べたもので開管の状態で残されており,後世の排簫は鳳凰の翼の型の枠にはめこまれていく閉管である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

簫【しょう】

中国の管楽器。中国語ではシャオ。排簫(パイシャオ)と洞簫(ドンシャオ)の2種類あるが,現在は後者を一般に簫という。排簫は音律の定められた十数本の竹管を横に並べて吹くパンパイプ。鼓吹楽の主要楽器。洞簫は吹口に切り込みのある竹製の縦笛。日本の尺八や朝鮮半島のタンソ短簫)と同系。吹口の切り込みの斜面が内向きで,えぐり方が小さいのが,尺八と異なる。現在では,前面に指孔5,背面に親指孔1をもち,独奏,合奏,歌の伴奏,地方戯曲や語り物音楽の伴奏などに広く用いられる。
→関連項目江南糸竹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょう【簫 xiāo】

中国の縦吹きノンリードの管楽器(イラスト)。指孔付きの1本の竹管からなる洞簫と,長さの異なる竹管を横に並べ,木の枠にはめこんだパンパイプの一種としての排簫の二つのタイプがある。 排簫の各竹管の長さ,配列は時代や用途により異なるが,十二律に合わせることで,管の数は多いもので二十数本,少ないものでも十数本ある。これらの竹管は,長さの順にあるいは左右シンメトリーに配列される。また竹管には管孔がつつぬけのものと,下方が閉じたものとがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しょう

東アジアの気鳴楽器。竹管の上端のエッジ(歌口)に息を当てて鳴らす。複数の管をもつパンパイプ型のものと、単管のものに大別される。前者は排簫(はいしょう)または鳳簫(ほうしょう)ともよばれ、13~24本の長短の竹管を並べたものである。日本へは奈良時代に唐楽の楽器として中国から伝来した。正倉院に伝来する簫はその実物で、管内に詰め物をして調律した跡がある。後者は洞簫(どうしょう)として一般に知られ、西域(せいいき)の葦笛(あしぶえ)が東へ伝わったものと考えられる。現存の中国清(しん)朝の雅楽用のものは管長約54センチメートル、指穴は前面に五つ、裏に一つあり、日本の尺八とは逆に、管壁の内側を削ってエッジをつくっている。正倉院の雅楽尺八もこの一種である。また、近世日本の一節切(ひとよぎり)や普化(ふけ)尺八を洞簫とよぶこともある。[卜田隆嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

簫の関連情報