(読み)しょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「笙」の解説


しょう

日本の自由リード気鳴楽器雅楽楽(とうがく)、催馬楽(さいばら)、朗詠(ろうえい)に用いる。長短17本の細い竹を椀(わん)型の(ほう)(「かしら」とも)の上面に円形に差し込んだもので、優美なその形は羽を閉じた鳳凰(ほうおう)の姿に似ているため、別名鳳笙ともいう。全長約50センチメートル、匏の直径および深さ6~7センチメートルで、匏の前中央に吹口(すいくち)がついている。竹管は右回りに千(せん)、十(じゅう)、下(げ)、乙(おつ)、工(く)、美(び)、一(いち)、八(はち)、也(や)、言(ごん)、七(しち)、行(ぎょう)、上(じょう)、凢(ぼう)、(こつ)、毛(もう)、比(ひ)とよばれ、このうち也と毛を除いた15管には根元(した)(自由リード)がついている。各管の上方には「屏上(びょうじょう)」という細長い穴があり、下方リード近くには小さな指孔がある。指孔は開の状態では発音しないが、これをふさぐと管長に関係なく、屏上の位置によって、吹いても吸っても一定の音高が出せる。簧は「さはり」という銅の合金でできており、コの字形の切り込みが入っている。切り込み上部に少量の鉛の粒をのせて音高の微調整をする。音高が固定しているため、他の雅楽器の音高基準に用いられる。

 演奏に際しては匏を両手で包み、吹口を口の高さまで垂直に持ち上げて構える。匏の内部が乾燥していないと鳴りが悪いので、演奏時には休止のたびに匏を炭火などであぶって、中の水分を蒸発させる。奏法は「合竹(あいたけ)」という5~6音からなる重音を奏するのが普通である。合竹は全部で11種類あり、各名称は重音の中心音の管名をもってする。曲中この中心音は、篳篥(ひちりき)や竜(りゅうてき)の主旋律をなぞるが、別の合竹に移るときに音が断続しないように「手移り」という独自の運指法が決められている。合竹は始めは弱く、しだいに音を大きくし、最後に急に弱くして手移りを終え、呼気と吸気を交替して新しく次の合竹に移る。この気の切り替えを「気替え」という。

 このように笙は音量の変化に富み、一般に唐楽舞楽では「舞楽吹(ぶき)」といって気替えを強調し、管絃(かんげん)では「管絃吹」といって手移りの妙を聞かせる傾向にある。催馬楽や朗詠では「一本吹(いっぽんぶき)」「一竹(いっちく)」などと称して単音で旋律を奏するほか、唐楽の音取(ねとり)や調子では特殊な奏法も用いられる。

 元来、笙は奈良時代に唐より伝わり日本的に改変されたもので、正倉院には17管全部に簧のあるものや、笙より大型で低音の(う)が各3口保存されている。いずれも吹口には長い嘴(くちばし)がついている。中国ではすでに周代より各種の笙(シエン)や竽がみられ、前漢以来おもに雅楽や宴饗(えんきょう)楽に用いた。管数は時代によって13~36管までさまざまであるが、今日では大型17管、小型13管の笙、23管の竿が代表的である。現在同系のものとしては朝鮮の笙やインドシナ半島のケーンがある。

[橋本曜子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「笙」の解説


しょう

最古の歴史をもつフリー・リード (自由簧) 応用の多管式気鳴楽器。笙の原型楽器は先史時代に東南アジアで発生したものと考えられ,歴史時代に入ってからは中国で精巧な楽器に発達した。日本の雅楽で用いられている笙は,唐楽の楽器として奈良時代に輸入されたもので全長 40~50cmである。これは唐制と同じく 17管で,17本のうち 15本の竹管には簧 (した) がついており,吹き口にを密着させ,指先で根本にある小さな指孔を押さえて息を吹入れたり吸込んだりすると,指孔を押さえた竹管が鳴り響く。順次これらの管を鳴らして旋律を奏することを一竹 (いっちく) といい,同時に5ないし6音を重ねて和音を奏することを合竹 (あいたけ) という。中国では周代に 19管の大型,13管の小型笙があり,竽 (う) という 36管の超大型笙が用いられたのをはじめとして,12,17,23管など各種の名称をもつ笙が記録にみえるが,現在は大型が 17,小型が 13管である。またラオスのミャオ () 族やボルネオの諸民族の間に,明らかに笙の原型楽器と思われる一連の楽器が各種の名称で用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「笙」の解説

笙【しょう】

雅楽に用いる管楽器。匏(ふくべ)/(かしら)と呼ばれる風箱に長短17本(うち2本は装飾用)の竹管を円周に沿ってさしこみ,匏の横側にあけられた吹口から息を吹き込んだり,吸ったりして,竹管の下端に付けられた金属製リードを振動させる。鳳凰(ほうおう)がはばたいている姿に似ていることから〈鳳笙〉ともいわれる。雅楽では,唐楽において5・6管を同時に鳴らす和音楽器(合竹(あいたけ))として,催馬楽(さいばら)・朗詠において旋律楽器(一本吹(いっぽんぶき))として用いられる。→
→関連項目ケーン江南糸竹哨吶ハーモニカリード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「笙」の解説

しょう シャウ【笙】

〘名〙 雅楽に用いる管楽器の一つ。匏(つぼ)の上に一七本の長短の竹管を立て並べたもので、そのうち二本は無音、他の一五本にはそれぞれ竹管の外側もしくは内側に指孔、下端に簧(した)があり、吹き口から吹いたり吸ったりして鳴らす。奈良時代に中国より渡来したが、現在使われているものは日本式に改造され、主に五ないし六つの音を同時に奏する日本式奏法で使われている。笙の笛。そう。また、それを吹く楽人。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「斑竹合笙一口〈漆埿嚢〉」 〔詩経‐小雅・鹿鳴〕

そう サウ【笙】

〘名〙 (「そう」は「笙」の漢音) =しょう(笙)
※宇津保(970‐999頃)吹上下「沈(ぢん)の舞台、かねの絲して結ひわたし、万の楽器ども、金(こん)瑠璃を磨き整へて、さう四十人、ふく四十人、弾物・舞人、数を尽して参る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「笙」の解説

しょう〔シヤウ〕【×笙】

雅楽に用いる管楽器の一。ほうの上に17本の長短の竹管を環状に立てたもので、竹管の根元にした、下方側面に指孔がある。匏の側面の吹き口から吹いたり吸ったりして鳴らす。奈良時代に唐から伝来。笙の笛。鳳笙ほうしょう鳳管。そう。

そう〔サウ〕【×笙】

しょう(笙)」に同じ。
「声いとおもしろく、―の笛吹きなどするを」〈・賢木〉

しょう【笙】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(呉)
楽器の名。しょうのふえ。「笙歌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「笙」の解説

しょう【笙】

東アジアおよび東南アジアのフリー・リードの気鳴楽器(イラスト)。簧(した)(フリー・リード)を仕掛けた竹管を何本も束ねて匏(ふくべ)という器に差し込んだもの。この匏は一種ふいごにあたり,吹口から息を吹き込み,または吸い込むことによりリードを振動させ発音する。各管ともリードの近くに小さな通気孔が開けてあり,これを指でふさいだ管だけが鳴るようになっている。 日本の笙は雅楽の唐楽用の楽器として,奈良時代またはその直前に中国から伝来したらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【雅楽】より

…舞人ははじめ4人であったが,戦国時代末には12人の六佾の舞が現れた。五声七声十二律の音楽理論もしだいに整い,琴(きん),瑟(しつ),鐘(しよう),磬(けい),管,籥(やく),笙(しよう),篪(ち),壎(けん),缶(ふ),柷(しゆく),敔(ぎよ),鼓,編鐘,編磬などの古代雅楽器もひととおりそろい,これらの楽器は材質によって八音(はちおん)(金,石,土,革,糸,木,匏(ほう),竹)に分類された。漢代(前206‐後220)に至り,礼楽思想のもとに国家は統治政策の一端として雅楽の制度確立をはかった。…

【管楽器】より

…クラリネットが好例で,リードは入口の周囲を小きざみに打ち,そのたびに口をふさいで気流を断続させる。薄片が通路よりやや小さく,入口をくぐって振動する場合をフリー・リードという(笙(しよう)など)。(3)はいわゆるらっぱ類で,唇がリードの働きをするので,リップ・リードなどともいう。…

【ヒョウタン(瓢簞)】より

…巨大な葫蘆を断ち割り,船の代りにした例もあった。古代8種の楽器〈八音〉中の〈匏〉は,葫蘆に竹管をさして,葫蘆の口を吹き口にする吹奏楽器で,現在〈笙(しよう)〉〈葫蘆笙〉〈蘆笙〉と呼ばれ,なお西南中国の諸民族の間に広く愛用されている。 また魔よけ,長寿,子孫繁栄の縁起物として愛好された。…

※「笙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android