コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木魚 もくぎょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木魚
もくぎょ

仏前で読経する際にたたいて鳴らす道具。木製体鳴楽器。もとは細長い木材を魚形に刻み,魚板と称して,これを打って集合の合図として用いた。のちに円形,中空,細長い穴をうがって表面に魚の鱗を彫刻したもの (魚鼓) が現れ,読経の調子をとる道具として使用されるようになった。大きさは 1mに及ぶものから 6cmくらいのものまであり,桴 (ばち) も使い分けられる。現代音楽の楽器としても用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もく‐ぎょ【木魚】

読経のときにたたいて鳴らす木製の仏具。丸くて中空で、表に魚鱗(ぎょりん)を彫刻してある。布などで先端を包んだ棒で打つ。
禅寺で庫裏(くり)につるし、食事時に打ち鳴らした魚形の木の板。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

木魚【もくぎょ】

仏教の読経のさいに用いられる法具,あるいは打楽器。一種のスリット・ドラムクスノキ,クワなどの木を鈴の形に削り,響孔と呼ばれる割れ目から刀を入れ空洞にしたもので,ふつう先を革や布で包んだ桴(ばち)で叩く。
→関連項目江南糸竹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もくぎょ【木魚】

東アジアの仏教法具あるいは打楽器。古くは木製の魚状の板である魚板(ぎよばん)をいう。ふつう読経用に用いられるいわゆる木魚は,魚板が変形して,中空で口が開いた木製の鈴のような形になったもので,頭部に扁平な柄がある。クスノキまたはクワなどの木材を響孔から刀を入れて空洞に彫る。木地のままのものと,表面を朱漆塗して魚鱗などを彫って金箔をおしたものとがある。双魚が珠を争う形や,1尾の魚が屈曲して頭尾を接した形のものや,竜を図案化したものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もくぎょ【木魚】

経を読む時にたたく木製の仏具。ほぼ球形で中空、横に割れ目があり、魚の鱗うろこが彫りつけられている。禅寺で合図に打ち鳴らす魚板ぎよばんから変化したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木魚
もくぎょ

読経(どきょう)や唱題(しょうだい)などの調子をとるために用いる仏具。一般にクスノキなどの木を材料とし、球形の内を空洞にして表面の一部に魚鱗(ぎょりん)の彫刻をしてある。小蒲団(ふとん)の上に置き、先端に布を巻いた棒で打ち鳴らす。もともと禅院で大衆を集める合図として打ち鳴らした魚鼓(ぎょく)(魚板(ぎょばん))から発展し、団扇(うちわ)形に変化し、さらに二頭一身の竜が向き合って一つの珠(たま)を含む形となり、木魚とよばれるようになった。中国では明(みん)代ころに現在みられるような形となり、日本では室町時代の遺品もあり、当時から使われていたようであるが、江戸時代の初めに渡来した隠元隆(いんげんりゅうき)が請来したともいわれている。おもに禅宗、天台宗、浄土宗などで使用する。浄土宗では一時、宗義に反するとして使用が禁じられたが、現在は念仏を唱えるときに重用されている。
 木魚は楽器としても多く用いられた。中国では清(しん)代乾隆(けんりゅう)帝(在位1735~95)のころ民俗楽器として用いられ、日本では江戸時代、「木魚入合方(いりあいかた)」として歌舞伎下座(かぶきげざ)音楽に取り入れられた。第二次世界大戦後にはアメリカのジャズ・ドラマーによって、小形の木魚がそのままドラム・セットに加えられ、近年は形を変えてウッド・ブロックとしてドラム・セットに編入されている。[中尾良信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の木魚の言及

【魚板】より

…一種の割れ目太鼓で,長い柄のついた木槌で打ち鳴らす。古くは木魚(もくぎよ)と同一異名であり,木魚は魚板から変形してできたと考えられている。魚板は昼夜不眠とされた魚にたとえ,修行僧の怠惰をいましめるために作られたものである。…

※「木魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木魚の関連情報