江口 元起(読み)エグチ モトキ

20世紀日本人名事典の解説

江口 元起
エグチ モトキ

昭和期の古生物学者 元・東北大学工学部教授。



生年
明治37(1904)年4月21日

没年
昭和53(1978)年3月4日

出生地
熊本県

学歴〔年〕
東北帝大理学部地質古生物学〔昭和6年〕卒

学位〔年〕
理学博士

経歴
昭和6年東北帝大副手となり、矢部長克に師事、サンゴ類の研究を続けた。その後中国に渡り本渓湖の煤鉄公司に勤務、次いで満州国国立玄師道大学教授、16年仙台高等工業学校教授となった。同校が東北大学に併合されて後、同工学部教授となり、43年定年退官して東京家政大学教授を務めた。52年交通事故に遭難。著書に天皇陛下の採集標本に基づいた「相模湾産ヒドロサンゴ類及び石サンゴ類」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android