コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢部長克 やべひさかつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢部長克
やべひさかつ

[生]1878.12.3. 東京
[没]1969.6.23. 東京
地質学者,古生物学者。東京大学地質学科卒業 (1901) 。東北大学教授。日本の化石層序学の先駆的業績を残した。東北大学地質古生物学教室を創設。構造地質学では糸魚川-静岡構造線を提唱し,古生物学的研究では古生代から新生代まで動植物全般にわたり,日本の新生代と中生代白亜紀の化石層序を確立した。地質学的研究では中央構造線の性格,鮮新世・更新世気候論,日本の氷河問題,海底地形・地質など広い分野で活躍した。 1953年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢部長克 やべ-ひさかつ

1878-1969 大正-昭和時代の地質学者,古生物学者。
明治11年12月3日生まれ。矢部吉禎(よしさだ)の弟。明治44年東北帝大教授。日本地質学会,日本古生物学会などの会長を歴任。日本の地質構造を研究し,糸魚川-静岡構造線の名称を提唱,また,中央構造線の研究にもあたった。昭和28年文化勲章。昭和44年6月23日死去。90歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やべひさかつ【矢部長克】

1878‐1969(明治11‐昭和44)
地質学者。東京に医師の子として生まれ,少年時代化石採集に熱中し,地質学を志した。1901年東京大学を卒業。北海道石狩炭田の白亜系・古第三系の層序を研究して発表した。東京大学講師を経て,07年東北大学設立準備のため,ヨーロッパに留学,11年東北大学教授に任じられ,12年帰国。地質学,古生物学,構造地質学の分野で研究,多くの後進を育てた。とくに古生物学では各地質時代の各種の動・植物化石を研究,多くの標本を収集した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やべひさかつ【矢部長克】

1878~1969) 地質学者。東京生まれ。東大卒。東北大学教授。層序・古生物・構造地質などを研究し、日本の地質学の発展に大きく貢献。糸魚川-静岡構造線を提唱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢部長克
やべひさかつ
(1878―1969)

地質学者、古生物学者。東京に生まれる。北海道石狩炭田の調査研究を卒業論文として、1901年(明治34)東京帝国大学地質学科を卒業、1908年から1912年までヨーロッパおよびアメリカに留学した。留学中に東北帝国大学教授となり、帰国とともに同大学地質学古生物学科の創設にあたった。中央構造線など日本の地質構造、地体構造区分について深く研究し、糸魚川(いといがわ)‐静岡構造線を命名した。そのほか海底地形、第四紀氷河期の問題など地質学について多方面にわたっての研究がある。とくに北海道その他の白亜紀アンモナイトの研究を通じて、日本の白亜系層序区分の大綱を確立するなど、日本の古生物学、層序学の進展に大きく貢献した。また古生物学の各部門に幾多の優秀な研究者を育てた。1925年(大正14)帝国学士院会員となり、1953年(昭和28)文化勲章を受けた。[木村敏雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

矢部長克の関連キーワードネオシュワゲリナニッポニテス琉球石灰岩江口 元起洛東植物群昭和時代ヤベイナ古東京湾東京層

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android