コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢部長克 やべひさかつ

5件 の用語解説(矢部長克の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢部長克
やべひさかつ

[生]1878.12.3. 東京
[没]1969.6.23. 東京
地質学者,古生物学者。東京大学地質学科卒業 (1901) 。東北大学教授。日本の化石層序学の先駆的業績を残した。東北大学地質学古生物学教室を創設。構造地質学では糸魚川-静岡構造線を提唱し,古生物学的研究では古生代から新生代まで動植物全般にわたり,日本の新生代と中生代白亜紀の化石層序を確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢部長克 やべ-ひさかつ

1878-1969 大正-昭和時代の地質学者,古生物学者。
明治11年12月3日生まれ。矢部吉禎(よしさだ)の弟。明治44年東北帝大教授。日本地質学会,日本古生物学会などの会長を歴任。日本の地質構造を研究し,糸魚川-静岡構造線の名称を提唱,また,中央構造線の研究にもあたった。昭和28年文化勲章。昭和44年6月23日死去。90歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やべひさかつ【矢部長克】

1878‐1969(明治11‐昭和44)
地質学者。東京に医師の子として生まれ,少年時代化石採集に熱中し,地質学を志した。1901年東京大学を卒業。北海道石狩炭田の白亜系・古第三系の層序を研究して発表した。東京大学講師を経て,07年東北大学設立準備のため,ヨーロッパに留学,11年東北大学教授に任じられ,12年帰国。地質学,古生物学,構造地質学の分野で研究,多くの後進を育てた。とくに古生物学では各地質時代の各種の動・植物化石を研究,多くの標本を収集した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やべひさかつ【矢部長克】

1878~1969) 地質学者。東京生まれ。東大卒。東北大学教授。層序・古生物・構造地質などを研究し、日本の地質学の発展に大きく貢献。糸魚川-静岡構造線を提唱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢部長克
やべひさかつ
(1878―1969)

地質学者、古生物学者。東京に生まれる。北海道石狩炭田の調査研究を卒業論文として、1901年(明治34)東京帝国大学地質学科を卒業、1908年から1912年までヨーロッパおよびアメリカに留学した。留学中に東北帝国大学教授となり、帰国とともに同大学地質学古生物学科の創設にあたった。中央構造線など日本の地質構造、地体構造区分について深く研究し、糸魚川(いといがわ)‐静岡構造線を命名した。そのほか海底地形、第四紀氷河期の問題など地質学について多方面にわたっての研究がある。とくに北海道その他の白亜紀アンモナイトの研究を通じて、日本の白亜系層序区分の大綱を確立するなど、日本の古生物学、層序学の進展に大きく貢献した。また古生物学の各部門に幾多の優秀な研究者を育てた。1925年(大正14)帝国学士院会員となり、1953年(昭和28)文化勲章を受けた。[木村敏雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢部長克の関連キーワードジュースセジウィックデーナライエル小藤文次郎大村一蔵鈴木醇中村新太郎湊正雄李四光

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone