江古田植物群(読み)えごたしょくぶつぐん

世界大百科事典 第2版の解説

えごたしょくぶつぐん【江古田植物群】

東京都中野区江古田付近を流れる妙正寺川の谷間を埋めた洪積世(更新世)末期の堆積物中に含まれる化石植物の総称。下位の針葉樹(イチイ,アオモリトドマツエゾマツコメツガ,カラマツ,チョウセンマツなど)を組成とする植物群(年平均気温が現在より7~8℃低い。2万~3万年前)と上位の広葉樹を組成とする植物群(年平均気温は現在とほぼ同じ)とに二分される。下位の針葉樹を主体とする植物群は,第四紀最後のウルム氷期に生育したものと考えられ,この地域の植生が,現在の北海道中~北部の状態と似ていたことを示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android