コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江古田植物群 えごたしょくぶつぐん

1件 の用語解説(江古田植物群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えごたしょくぶつぐん【江古田植物群】

東京都中野区江古田付近を流れる妙正寺川の谷間を埋めた洪積世(更新世)末期の堆積物中に含まれる化石植物の総称。下位の針葉樹(イチイアオモリトドマツエゾマツ,コメツガ,カラマツチョウセンマツなど)を組成とする植物群(年平均気温が現在より7~8℃低い。2万~3万年前)と上位の広葉樹を組成とする植物群(年平均気温は現在とほぼ同じ)とに二分される。下位の針葉樹を主体とする植物群は,第四紀最後のウルム氷期に生育したものと考えられ,この地域の植生が,現在の北海道中~北部の状態と似ていたことを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone