江崎 誠致(読み)エサキ マサノリ

20世紀日本人名事典の解説

江崎 誠致
エサキ マサノリ

昭和・平成期の小説家



生年
大正11(1922)年1月21日

没年
平成13(2001)年5月24日

出生地
福岡県久留米市

学歴〔年〕
明善中〔昭和14年〕中退

主な受賞名〔年〕
直木賞(第37回)〔昭和32年〕「ルソンの谷間

経歴
上京して小山書店営業部に勤務。戦後、昭和21年に復員して小山書店に復帰、24年冬芽書房を設立。翌25年朝鮮動乱勃発とともに書房を解散し、政治活動に入る。のち文筆に専念し、32年「ルソンの谷間」で第37回直木賞受賞。ほかに「死児の齢」「名人碁所」「石の鼓動」「十字路」「呉清原」など。囲碁に通じ、文壇本因坊の肩書を持ったこともある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

江崎 誠致 (えざき まさのり)

生年月日:1922年1月21日
昭和時代;平成時代の小説家
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android