コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸から東京へ えどからとうきょうへ

1件 の用語解説(江戸から東京への意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えどからとうきょうへ【江戸から東京へ】

矢田挿雲の歴史読物。1920‐23年(大正9‐12)《報知新聞》に連載。内容はしだいに都市化の進む東京の町々の名所旧跡を訪ね,土地に残る口碑伝説を調べ,時には古老に取材して各区ごとに残っているそれらの地誌と歴史を描いたものである。太田道灌江戸城築城以来,家康入府,江戸時代明治時代そして大正期に入った東京の位相が精細に再現されている。当時の回顧的な江戸趣味の風潮と軌を合わせながら,それとは異なる生活感覚と文化史的視野で,失われてゆく江戸の姿がとらえ直されているのが特色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江戸から東京への関連キーワード矢田挿雲三国史記国史書史前史課外読物雲の脚矢田寺石炭の歴史村橘小夢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江戸から東京への関連情報