江戸から東京へ(読み)えどからとうきょうへ

世界大百科事典 第2版の解説

えどからとうきょうへ【江戸から東京へ】

矢田挿雲の歴史読物。1920‐23年(大正9‐12)《報知新聞》に連載。内容はしだいに都市化の進む東京の町々の名所旧跡を訪ね,土地に残る口碑伝説を調べ,時には古老に取材して各区ごとに残っているそれらの地誌と歴史を描いたものである。太田道灌の江戸城築城以来,家康入府,江戸時代明治時代そして大正期に入った東京の位相が精細に再現されている。当時の回顧的な江戸趣味の風潮と軌を合わせながら,それとは異なる生活感覚と文化史的視野で,失われてゆく江戸の姿がとらえ直されているのが特色である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸から東京への関連情報