コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸ハルマ エドハルマ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸ハルマ
えどハルマ

波留麻和解」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸ハルマ
えどはるま

わが国最初の蘭和(らんわ)辞典。フランソア・ハルマの『蘭仏辞典』を、稲村三伯(さんぱく)が元オランダ通詞(つうじ)の石井恒右衛門の指導で翻訳し、1796年(寛政8)30部印刷、頒布したもの。『ハルマ和解(わげ)』ともいわれる。江戸で翻訳されたので、長崎の『道訳法爾馬(ドゥーフ・ハルマ)』(『長崎ハルマ』)に対して、『江戸ハルマ』とよばれている。[彌吉光長]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江戸ハルマの関連キーワード日本の医学史(年表)石井恒右衛門ハルマ和解中井厚沢石井庄助稲村三伯ハルマ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android