波留麻和解(読み)はるまわげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

波留麻和解
はるまわげ

日本最初の蘭和辞書。 27巻。稲村三伯西善三郎宇田川玄随らが 13年を費やして完成。寛政8 (1796) 年江戸で刊行。オランダの F.ハルマの出版した蘭仏辞書を底本としたもので,語数約8万を集録。刊行部数は約 30部。長崎商館長 H.ドゥフらの『和蘭字彙』を長崎ハルマというのに対し江戸ハルマと称された。文化3 (1806) 年頃京都で中井厚沢の増補版が,同7年藤林泰助の簡略版『訳鍵』が出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ハルマわげ【波留麻和解】

日本人による最初の蘭和辞典。1796年刊。ハルマの「蘭仏辞典」を基にして、江戸の稲村三伯らが作成。江戸ハルマ。 → ズーフハルマ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android