コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲村三伯 いなむらさんぱく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲村三伯
いなむらさんぱく

[生]宝暦9(1759).鳥取
[没]文化8(1811).1.18. 京都
江戸時代後期の医師。名は箭。『蘭学階梯』を読んで志を立て,江戸の大槻玄沢に学び,蘭日対訳の辞書『波留麻和解 (はるまわげ) 』をつくった。ゆえあって千葉に隠棲,海上郡を放浪したことから海上随鴎 (うながみずいおう) と名を改めた。晩年は京都で蘭学を講じた。京坂の蘭学の発展は彼に負うところが大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

稲村三伯【いなむらさんぱく】

鳥取藩の藩医,蘭学者。1792年江戸に出て大槻玄沢(おおつきげんたく)に入門,蘭学を学び,オランダ人F.ハルマの蘭仏辞書の和訳を志し,苦心の末に完成,1796年《ハルマ和解(わげ)》として刊行。
→関連項目ドゥーフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲村三伯 いなむら-さんぱく

1758-1811 江戸時代中期-後期の蘭学者,蘭医。
宝暦8年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩医。江戸の大槻玄沢(おおつき-げんたく)にまなぶ。石井庄助,宇田川玄真らの協力で,ハルマの蘭仏辞典を基に寛政8年(1796)日本最初の蘭和辞典「ハルマ和解(わげ)」を完成させる。のち京都で蘭学をおしえた。文化8年1月16日死去。54歳。本姓は松井。名は箭。字(あざな)は白羽。後名は海上随鴎(うながみ-ずいおう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

稲村三伯

没年:文化8.1.16(1811.2.9)
生年:宝暦8(1758)
江戸後期の蘭学者,蘭方医。名は箭,字は白羽。原昆堂,白髪書生と号す。因幡国鳥取(鳥取市)の町医者松井如水の3男。藩医稲村三杏の養子となり,のち藩医を継ぐ。儒学,漢方医学の師は亀井南冥らだが,大槻玄沢『蘭学階梯』を読んで蘭学を志し,35歳で江戸に出て玄沢の芝蘭堂に入門。その「敏才,機智」から門下四天王のひとりと称えられた。ハルマの蘭仏辞書の翻訳を企て,もと通詞石井恒右衛門などの助力をえて粘り強く作業を進め,遂にわが国最初の蘭日辞典を完成(1796),刊行した。これは一般に『波留麻和解』また『江戸ハルマ』とも呼ばれ,蘭学史上不朽の業績である。その後実弟の不祥事を機に下総国海上郡に移住,名も海上随鴎と改めた。さらに京都で蘭学塾を開き,藤林普山ら多くの俊才を育成,京坂蘭学の興隆に貢献した。学問の基本を大切にし,虚栄を廃して真実なるものを求める三伯の姿勢は,「浮雲を逐ず幻花を握らず」(『社盟録』)の言葉にもよく示されている。<著作>『八譜』『洋註傷寒論』<参考文献>中野操『大坂蘭学史話』,杉本つとむ『江戸時代蘭語学の成立とその展開Ⅳ』

(鳥井裕美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いなむらさんぱく【稲村三伯】

1758‐1811(宝暦8‐文化8)
江戸後期の蘭学者。鳥取藩医稲村三杏の養子(実父は町医松井如水)。名は箭,字は白羽,三伯は号。江戸に出て大槻玄沢に学び,日本最初の蘭和辞典の編述を志し,ハルマの蘭仏辞典を基として,1796年(寛政8)《ハルマ和解(わげ)》(江戸ハルマ)を完成した。のち下総国海上郡に隠棲し,海上随鷗(うながみずいおう)と改名。1805年以降は京都で蘭学を教授,門人に藤林普山,小森桃塢(とうう)らが輩出した。【有坂 隆道】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いなむらさんぱく【稲村三伯】

1758~1811) 江戸後期の蘭学者。鳥取藩医。名は箭、字あざなは白羽。大槻玄沢に学び、蘭日対訳の辞書「波留麻和解ハルマわげ」(「江戸ハルマ」)を編集。のち、海上随鷗うながみずいおうと改名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲村三伯
いなむらさんぱく
(1758―1811)

江戸後期の蘭学者(らんがくしゃ)。日本最初の蘭和辞典の編纂(へんさん)者。名は箭(せん)、号は白羽(はくう)。三伯は通称。鳥取藩医。脱藩して江戸に出て大槻玄沢(おおつきげんたく)について蘭学を学んだ。当時、蘭和辞典のないのを遺憾として辞典編纂を志し、ハルマFranois Halma(1653―1722)の蘭仏辞典により、オランダ通詞(つうじ)出身で白河藩主松平定信(さだのぶ)に仕える石井恒右衛門(旧名馬田清吉)の翻訳、協力を得て、『波留麻和解(ハルマわげ)』を編纂、成就した。1796年(寛政8)8万余語の原語を木活字で30部印刷し、訳語を書き入れた。のち一時、下総(しもうさ)国(千葉県)海上郡(現旭(あさひ)市)に隠棲(いんせい)、海上随鴎(うながみずいおう)と称したが、晩年京都に出て蘭学を教授した。門下の藤林普山(ふざん)は、『波留麻和解』が大冊で少部数である不便を軽減すべく、簡明な『訳鍵(やっけん)』を作成した。『波留麻和解』は、のちオランダ商館長ドゥーフHendrik Doeffが長崎のオランダ通詞を督励して編纂した蘭和辞典を『長崎ハルマ』というのに対して『江戸ハルマ』ともよばれる。文化8年1月16日没。京都東山の大恩寺に葬られた。[片桐一男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の稲村三伯の言及

【ハルマ和解】より

…《法留麻和解》とも書かれる。江戸の大槻玄沢の門人稲村三伯がフランソア・ハルマの蘭仏辞書を玄沢から借り受け,オランダ通詞出身の石井恒右衛門の教示,同門の安岡玄真や岡田甫説の助力を得て作成した。1796年(寛政8)完成。…

※「稲村三伯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稲村三伯の関連キーワード日本の医学史(年表)ハルマ辞書宇田川榛斎中川修亭池田斉邦野崎藤橋水原三折化政文化中天游蘭医

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android