コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸千家(読み)えどせんけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸千家
えどせんけ

表千家 7代如心斎の門下の川上不白 (1716~1807) を祖とする茶道流派の一つ。師の命により江戸に出て駿河台に住み,表千家の茶道を広めた。江戸千家あるいは不白流と呼ぶ。のちに上野の池の端に庵を移し,現在まで継承されるが分派も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えどせんけ【江戸千家】

茶道の流派の一。表千家七世如心斎宗左の門人川上不白ふはくが江戸で広めた表千家流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の江戸千家の言及

【川上不白】より

…江戸中期の茶匠。江戸千家,不白流の祖。紀伊国(和歌山県)新宮藩水野家の臣,川上五郎作の次男。…

※「江戸千家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android