川上不白(読み)かわかみ ふはく

百科事典マイペディアの解説

川上不白【かわかみふはく】

江戸中期の茶人。表千家7世如心斎宗左の高弟。水野侯の茶頭として1750年江戸に下向し,茶道を教授した。江戸千家流の祖。《川上不白筆記》(如心斎の口述をまとめたもの)がある。
→関連項目茶道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわかみふはく【川上不白】

1716‐1807(享保1‐文化4)
江戸中期の茶匠。江戸千家,不白流の祖。紀伊国(和歌山県)新宮藩水野家の臣,川上五郎作の次男。18歳のとき茶道に志し,表千家7世如心斎宗左のもとに参じて,その高弟となった。大徳寺の大竜和尚に参禅し,はじめ宗雪,のち不白と号した。不羨斎孤峰不白の称が知られるほか,別号黙雷庵,蓮花庵をはじめ,俳諧をよくし,不羨庵の俳号で俳句を多く残している。25歳のときには千家七事式の制定に参画。水野侯の茶頭(ちやどう)として1750年32歳で江戸に下向し,千家の茶の普及につとめ,一流を許されて江戸千家(江戸千家流)を称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かわかみふはく【川上不白】

1716~1807) 江戸中・後期の茶人。表千家七世如心斎宗左に師事し、のち自ら不白流をたてる。江戸へ移り江戸千家と称し千家茶道の普及につとめた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川上不白
かわかみふはく
(1716―1807)

江戸千家流の祖。紀州(和歌山県)新宮(しんぐう)藩(水野家)の藩士川上五郎作の次男。茶道に志し、1734年(享保19)如心斎千宗左(じょしんさいせんのそうさ)に入門、高弟となる。大徳寺の大竜和尚(おしょう)に参禅し、宗雪と号す。不白は隠居後の号。41年(寛保1)、如心斎が弟又玄斎(ゆうげんさい)一灯宗室や大徳寺の大竜・無学和尚らとともに七事式(しちじしき)を制定した際、25歳でこれに参画している。茶湯正派を嗣(つ)ぐべき人物とされていたが、水野家の茶頭となり、50年(寛延3)江戸に下向、いわゆる江戸千家の祖となり、「天然(如心斎口授(くじゅ))」にあたった。73年(安永2)家督を宗引に譲り、号を不白と改める。文化(ぶんか)4年10月10日、91歳で没した。墓は東京・谷中(やなか)安立寺にある。[村井康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の川上不白の言及

【江戸千家流】より

川上不白を流祖とする茶道の流儀の一つ。川上不白は千家の茶法の皆伝をうけ,一流をおこすことを許され,江戸で千家の茶を普及するために1750年(寛延3)江戸に下向,上野池の端に居を定めて〈江戸千家〉を名のった。…

※「川上不白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android