コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江東六十四屯 こうとうろくじゅうしとんJiang-dong-liu-shi-si tun; Chiang-tung-liu-shih-ssǔ t`un

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江東六十四屯
こうとうろくじゅうしとん
Jiang-dong-liu-shi-si tun; Chiang-tung-liu-shih-ssǔ t`un

中国,清代に黒竜江 (アムール川) 東岸にあった満漢旗民が居住する 64の村屯所在地域。康煕帝は,黒竜江地方に迫ったロシアの勢力を退けてネルチンスク条約を結び,黒竜江流域からロシア人を締出したが,1858年 (咸豊8年) に愛琿条約が締結されると,愛琿の対岸にあった江東六十四屯の所属が問題となり,条約文の解釈をめぐる対立が起った。さらに義和団事変の際,ロシアは東北地方の居留民保護を名目に 18万の兵を侵入させ,江東六十四屯で非戦闘員の中国人 5000人を虐殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android