コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江湖小集 こうこしょうしゅうJiang-hu-xiao-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江湖小集
こうこしょうしゅう
Jiang-hu-xiao-ji

中国の詩集のシリーズ。南宋の陳起の編。宝慶1 (1225) 年頃成立。陳起は杭州の書店主で詩をよくし,戴復古劉克荘をはじめとして自分も含めて 109人の同時代の詩人の詩集を刊行し,「江湖小集」と総称した。「江湖」とは民間の意であり,本集に収められた詩人はほとんど民間人で,それも戴復古などを除いては伝記も不明な者が多い。本集の名によってこの詩人群は「江湖派」と呼ばれ,翁巻,趙師秀らのいわゆる「永嘉四霊」に次いで,南宋における市民層の作詩への参加を象徴する。本書はなかに不穏な句を含むという理由で版木が焼かれ,陳起は流罪となり,しばらく一般人の作詩が禁止されたといわれる。しかし作詩階層増大の傾向は,次の元,明代へもさらに強く引継がれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone