コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬作 ギサク

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐さく【擬作】

似せて作ること。また、その作品。
詩会・歌会に備えて前もって詩歌を作っておくこと。また、その詩歌。
「然るべき時名をあげたる歌は、多くは―にてありけるとかや」〈無名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎさく【擬作】

( 名 ) スル
似せて作ること。また、その作った物。
詩会や歌会などに備えて、あらかじめ詩歌などを作っておくこと。また、その作品。 「当座に詠むことは少なき、-とかにてぞ侍りける/今鏡 すべらぎ中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

擬作の関連キーワード伎・偽・僞・儀・妓・宜・戯・戲・技・擬・欺・犠・犧・疑・祇・義・艤・蟻・誼・議・魏江都督納言願文集待賢門院加賀胡笳十八拍楽府詩集小野小町沢田名垂木原楯臣卓文君小説家詩歌挽歌当座王粛歌会半知

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android