江頭 彦造(読み)エガシラ ヒコゾウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の詩人,詩論家 元・上智大学教授。



生年
大正2(1913)年10月4日

没年
平成7(1995)年10月7日

出生地
佐賀県杵島郡白石町

学歴〔年〕
東京帝国大学国文科〔昭和12年〕卒,東京帝国大学大学院修了

主な受賞名〔年〕
時間賞(第2回)〔昭和30年〕「田村隆一の立場」

経歴
静岡大学、上智大学などの教授を歴任。昭和9年「偽画」を、10年「未成年」を創刊し、のちに「コギト」「四季」などに詩作を発表。詩集に「早春」「江頭彦造詩集」、小説集「リボンのついた氷島」、評論集「現代詩の研究」「抒情詩論考」などの著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android