池上 秀畝(読み)イケガミ シュウホ

20世紀日本人名事典「池上 秀畝」の解説

池上 秀畝
イケガミ シュウホ

明治〜昭和期の日本画家



生年
明治7年10月11日(1874年)

没年
昭和19(1944)年5月26日

出生地
長野県高遠町

本名
池上 国三郎

主な受賞名〔年〕
文展特選(第10回 第11回)〔大正5年 6年〕

経歴
荒木寛畝に入門、南北合派を研究、花鳥、山水画に秀作を残した。明治40年正派同志会第1回展で2等賞銀牌を受賞、43年第4回文展に「初冬」が3等賞、大正5年第10回文展で「夕月」が、6年第11回文展で「峻嶺雨後」が連続特選となる。7年文展審査にあきたらず、対抗的な新結社を創立したが、8年帝国美術院が創設されて、日本画部の推薦となる。12年には帝展委員に任命され、帝展、文展に出品し続けた。かたわら伝神洞画塾を主宰し、後進を育てる。晩年は神宮などへの奉献画を描いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android