コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池上休柳 いけがみ きゅうりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池上休柳 いけがみ-きゅうりゅう

1795-? 江戸時代後期の画家。
寛政7年生まれ。池上秀華の父。池上秀畝(しゅうほ)の祖父。代々紙屋で信濃(しなの)(長野県)高遠藩御用達。同藩絵師の狩野(かのう)休真に教えをうけ,師に随行して江戸にいき,北原安貞に漢籍をまなぶ。和歌・俳句・文章にもたくみだった。字(あざな)は継隆。通称は庄八。別号青陽(楊)斎。著作に「松柳問答」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池上休柳の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ総裁政府オレンジ結社

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android