コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池上秀畝(読み)いけがみ しゅうほ

美術人名辞典の解説

池上秀畝

日本画家。長野県生。四条派画家池上秀華の子。名は国三郎、別号に伝神洞。父や荒木寛畝に学び、南北両派の画風を研究し、殊に花鳥山水を能くする。帝展委員・審査員を務め、伝神洞画塾を主宰。昭和19年(1944)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池上秀畝 いけがみ-しゅうほ

1874-1944 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治7年10月11日生まれ。東京の荒木寛畝(かんぽ)に文人画をまなぶ。文展で大正5年から3年連続特選。8年発足の帝展では無鑑査となる。昭和8年帝展審査員。山水花鳥画を得意とした。昭和19年5月26日死去。71歳。長野県出身。本名は国三郎。代表作に「夕月」「峻嶺雨後」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例