池原義郎(読み)いけはらよしろう

百科事典マイペディアの解説

池原義郎【いけはらよしろう】

建築家。東京生れ。早大大学院修了後,山下寿郎建築設計事務所勤務。1956年ガウディシュタイナーの紹介者である早大の今井兼次の研究室に学ぶ。1971年早大教授。1988年池原義郎建築設計事務所設立。自然との融合を意図した繊細な作品が特徴。代表作に所沢聖地霊園礼拝堂・納骨堂(1973年),早稲田大学所沢キャンパス人間科学部(1987年),浅蔵五十吉美術館(1993年)などがあるほか,西武ライオンズ球場(1979年)も手がけている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池原義郎 いけはら-よしろう

1928- 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和3年3月25日生まれ。昭和46年母校早大の教授となる。ガウディらに注目する師の今井兼次の建築理念をつぐ。作品に所沢聖地霊園(49年建築学会賞),早大所沢キャンパス(63年芸術院賞),西武ライオンズ球場などがある。63年池原義郎・建築設計事務所設立。平成元年芸術院会員。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる