コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今井兼次 いまいけんじ

3件 の用語解説(今井兼次の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今井兼次
いまいけんじ

[生]1895.1.11. 東京
[没]1987.5.20. 東京
建築家。 1919年早稲田大学理工学部建築学科卒業。翌年同大学助教授となり,37年教授。以後 65年まで早稲田大学で教鞭をとった。作品に早稲田大学図書館 (1925) ,大多喜町役場 (59) ,日本 26聖人記念館 (62) ,桃華楽堂 (66) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今井兼次 いまい-けんじ

1895-1987 大正-昭和時代の建築家。
明治28年1月11日生まれ。大正末に渡欧,ガウディ,シュタイナーらをいちはやく紹介した。昭和12年母校早大の教授となる。作品に早大図書館,千葉県大多喜町役場(日本建築学会賞),日本二十六聖人記念館(日本建築学会賞)など。桃華楽堂などの作品で41年芸術院賞。53年芸術院会員。昭和62年5月20日死去。92歳。東京出身。著作に「建築とヒューマニティ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今井兼次
いまいけんじ
(1895―1987)

建築家。東京に生まれる。早稲田(わせだ)大学理工学部建築科卒業後、同校助手、助教授を経て1937年(昭和12)から65年まで教授を務め、早稲田の建築教育に尽力した。大正末から昭和初期にかけてはガウディやシュタイナーなどを日本に紹介し、多くの論文を著す。おもな作品に大多喜(おおたき)町役場(1959)、日本二十六聖人記念館(1962)、桃華楽堂(1966)、遠山美術館(1970)があり、モザイクタイルなどを用いた豊かな彫塑的、絵画的表現によって独得の作品を生み出した。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今井兼次の関連キーワード山田守伊藤滋蔵田周忠中村鎮長谷部鋭吉前田健二郎増沢洵森井健介森田慶一吉田享二

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今井兼次の関連情報