池守秋水(読み)いけもり しゅうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池守秋水 いけもり-しゅうすい

1778-1848 江戸時代後期の儒者。
安永7年生まれ。江戸の人。亀田鵬斎(かめだ-ほうさい)にまなび,豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主小笠原氏につかえる。36歳で辞し,母方の姓の池守を名のり私塾でおしえた。嘉永(かえい)元年10月23日死去。71歳。本姓は太田。名は竜。字(あざな)は潜夫。通称は儀右衛門。著作に「周易質疑」「孟子摘解」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android