コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池守 いけもり

1件 の用語解説(池守の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いけもり【池守】

溜池の維持管理にあたる役職者。井守,池司,池奉行などともいう。池守の水利組織全体における位置や役割は池によって異なり,また時代によっても相違した。中世においては,用水事情に通暁した在地の人物が池の管理と池水の分配をする役人として荘園領主によって任命されることが多かった。近世になると大きな溜池には特定の家が池守に世襲的に任命されることが一般化した。たとえば,讃岐の満濃池は近世初頭に再興されたが,それに協力した土豪の矢原氏が代々池守となり,池守給を支給されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池守の関連キーワード院内総務大坂定番氏子総代相談役時に当たる役職森林管理署鉄道警察加熱保持管漁港管理者

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池守の関連情報