コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田勝正 いけだ かつまさ

2件 の用語解説(池田勝正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田勝正 いけだ-かつまさ

?-1578? 戦国-織豊時代の武将。
父池田長正の跡をつぎ,永禄(えいろく)6年(1563)摂津池田城(大阪府)城主。11年織田信長に攻められて降伏したが,本領を安堵(あんど)され,摂津三守護のひとりとなる。元亀(げんき)元年三好長逸(ながゆき)と通じた弟知正(ともまさ)(重成)に城を追われた。天正(てんしょう)6年死去という。名は勝政ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

池田勝正

没年:天正6(1578)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。摂津国池田城(大阪府池田市)城主。長正の嫡子。八郎三郎,筑後守。永禄6(1563)年2月家督を継ぐ。同9年8月には,三好義継に属して伊丹親興を攻撃。翌10年5月,岩成友通らと松永久秀を奈良に攻撃する。11年10月,織田信長に池田城を攻撃されて降伏。足利義昭の命に従って親興,和田惟政らと和し,摂津3守護のひとりに任じられた。12年1月,三好三人衆に攻撃された京都本国寺の義昭を救援。元亀1(1570)年,三好長逸に通じた弟知正らに追われ,義昭,細川藤孝に仕えたのち,有馬氏に寄食した。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田勝正の関連キーワード池田正能池田酒池田炭池田宗旦大阪教育大付属池田小学校児童殺傷事件池田教正池田泰長稲束猛柳江

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田勝正の関連情報