コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田勝正 いけだ かつまさ

2件 の用語解説(池田勝正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田勝正 いけだ-かつまさ

?-1578? 戦国-織豊時代の武将。
父池田長正の跡をつぎ,永禄(えいろく)6年(1563)摂津池田城(大阪府)城主。11年織田信長に攻められて降伏したが,本領を安堵(あんど)され,摂津三守護のひとりとなる。元亀(げんき)元年三好長逸(ながゆき)と通じた弟知正(ともまさ)(重成)に城を追われた。天正(てんしょう)6年死去という。名は勝政ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

池田勝正

没年:天正6(1578)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。摂津国池田城(大阪府池田市)城主。長正の嫡子。八郎三郎,筑後守。永禄6(1563)年2月家督を継ぐ。同9年8月には,三好義継に属して伊丹親興を攻撃。翌10年5月,岩成友通らと松永久秀を奈良に攻撃する。11年10月,織田信長に池田城を攻撃されて降伏。足利義昭の命に従って親興,和田惟政らと和し,摂津3守護のひとりに任じられた。12年1月,三好三人衆に攻撃された京都本国寺の義昭を救援。元亀1(1570)年,三好長逸に通じた弟知正らに追われ,義昭,細川藤孝に仕えたのち,有馬氏に寄食した。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

池田勝正の関連キーワード丸山城アビス朝尼子勝久高橋鑑種御館の乱世田谷ボロ市敷島製パン尼子勝久千宗旦ハーベー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田勝正の関連情報