コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田定常 いけだ さだつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田定常 いけだ-さだつね

1767-1833 江戸時代中期-後期の大名。
明和4年10月3日生まれ。池田政武の孫政勝の次男。池田定得(さだのり)の養子。安永2年因幡(いなば)鳥取新田藩(西館(にしだて))藩主池田(松平)家5代となる。佐藤一斎に儒学をまなび,地誌・仏典などにも通じ,文学の三侯のひとりといわれた。林述斎(じゅっさい)ら多数の文人と交遊,隠居後も江戸で著述に従事。天保(てんぽう)4年7月9日死去。67歳。号は冠山(かんざん)。著作に「浅草寺志」「思出草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

池田定常 (いけださだつね)

生年月日:1767年10月3日
江戸時代中期;後期の大名
1833年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

池田定常の関連キーワード建部樸斎片山楊谷杉本信清市橋長昭生年月日池田定保池田定興池田冠山松平冠山松平露後期