コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田定常 いけだ さだつね

1件 の用語解説(池田定常の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田定常 いけだ-さだつね

1767-1833 江戸時代中期-後期の大名。
明和4年10月3日生まれ。池田政武の孫政勝の次男。池田定得(さだのり)の養子。安永2年因幡(いなば)鳥取新田藩(西館(にしだて))藩主池田(松平)家5代となる。佐藤一斎に儒学をまなび,地誌・仏典などにも通じ,文学の三侯のひとりといわれた。林述斎(じゅっさい)ら多数の文人と交遊,隠居後も江戸で著述に従事。天保(てんぽう)4年7月9日死去。67歳。号は冠山(かんざん)。著作に「浅草寺志」「思出草」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池田定常の関連キーワードマイソール戦争川崎定孝古都アユタヤ曲亭馬琴浮世草子桂川甫筑青木木米青木木米青木木米青木木米

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone