コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田宣政 いけだ のぶまさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田宣政
いけだのぶまさ
(1893―1980)

大衆的児童文学の作家。本名は宜政(よしまさ)、別名南洋一郎(みなみよういちろう)。東京の東秋留(あきる)に生まれる。苦学して青山師範学校を卒業、長く小学校教師を務めた。昭和の初めから雑誌『少年倶楽部(くらぶ)』を舞台として少年読物の執筆を開始。池田宣政名では『野口英世(ひでよ)』『リンカーン』など偉人伝を、南洋一郎名では『吼(ほ)える密林』『日東の冒険王』など冒険小説を書いた。作品集、回想記に『喜寿』(1970)がある。[上笙一郎]
『『南洋一郎全集』全12巻(1955~1956・ポプラ社) ▽『日本児童文学大系29 南洋一郎集』(1977・ほるぷ出版) ▽加藤謙一著『少年倶楽部時代』(1968・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

池田宣政の関連キーワード少年倶楽部冒険小説池田厚子南洋一郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android