コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田類治郎 いけだ るいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田類治郎 いけだ-るいじろう

1837-1902 明治時代の畜産家。
天保(てんぽう)8年9月3日生まれ。美作(みまさか)真島郡見尾村(岡山県勝山町)の人。同郡菅谷村(すがたにむら)大杉に牧場をつくり,明治10年内務省から短角牛雌雄2頭をかりて,牛の品種改良と繁殖につとめた。明治35年8月27日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

池田類治郎

没年:明治35.8.27(1902)
生年:天保8.9.3(1837.10.2)
明治期の牧畜改良家。美作国真島郡見尾村(岡山県勝山町)の人。菅谷村大杉の山野990ha余を牧場とし(明治11年に完成),明治10(1877)年には内務省勧農局より短角牛種牡牝2頭を借り受けるなどして,牛の品種改良と繁殖を行った。<参考文献>『農務顛末』『真庭郡誌』『勝山町史』

(神立春樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

池田類治郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android